ウォーターサーバーのデメリット

「こんなにあった!」ウォーターサーバーのデメリットを考える!

ウォーターサーバーのデメリット!

 

今回、ご紹介する「ウォータースタンド」

ボトル式ウォーターサーバーを知り尽くした「ウォータースタンド」が、従来のウォーターサーバー(宅配水)を知り尽くから言えるウォータースタンドがお勧めする新しいカテゴリーのウォーターサーバーです。(ちょっとややこしい言い方になりました。)

宅配水のお水は各メーカーの工場で作られて各家庭へ配達されます。ウォータースタンドはそのお水をご自宅で作れるようにしたものです。

そして、従来のォーターサーバーのデメリットを解消しています。まずは、デメリットをあげてみます。

「こんなにあった!」ウォーターサーバーのデメリットを考える!

ウォーターサーバーのデメリット

従来の宅配のボトル式ウォーターサーバーの面倒なところをあげてみます。

  • お水を使えば使うほど費用がかかる。
  • お水の交換が大変。
  • お水の在庫の置き場所が必要。
  • お水の注文に気を使う。
  • メンテナンスをしないと不衛生になる。

水道直結型ウォーターサーバーの「ウォータースタンド」

これを、「ウォータースタンド:水道直結型のウォーターサーバー」にしてみますと、

ウォータースタンドに換えるとどうなるか比較してみますね。

人気度
月額 3,980円~
飲み放題 無料0円:月定額で飲み放題!使いたい放題‼
設置料金 無料0円
訪問メンテ 無料0円:定期メンテナンス(月定額に含まれます。)
フィルター交換 無料0円
アフターサービス 無料0円
他社との違い 無料お試しができる。サンプルとしてペットボトルで試飲ができる
他社との違い 乗り換え解約金・違約金は、最大で10,000円の負担キャンペーン
ボトル式との比較 ボトルに比べればそのコストの低さは歴然!気兼ねなく使えます。
置き場所 ボトルがなくなる。
純水(ピュア・ウォーター) 有り(ろ過方式: 逆浸透膜フィルター

ボトル式から水道直結型に換える!

ボトル式から水道直結型に換えるとのデメリットを解消できた!

  • お水を使えば使うほど費用がかかる → 料金が定額制でお水が使い放題です!
  • お水の交換が大変 → そもそも交換がなくお水を使った分は自動でつくられます!
  • お水の在庫の置き場所が必要 → そもそも在庫が不要です!
  • お水の注文に気を使う → そもそも注文がありません!
  • メンテナンスをしないと不衛生になる → 専門スタッフが定期的にメンテナスをします!

【ウォータースタンド】口コミ評判感想

 

子供が生まれるので使い始めました。家族の健康の元です。
水道水は美味しくないという事でウォータースタンドに換えました。子供たちも水を飲むようになりました。
ボトルを使っていましたが、ウォータースタンドに換え量を気にせず料理にもなんでも使っています。

皆さん、ボトル式だと使えば使う程、お金がかかるので、気を使っていますね。

【ウォータースタンド】の特徴

乗り換え解約金・違約金については、最大で10,000円の負担キャンペーンを実施しています。



検討中の方でも無料お試しやサンプルとしてペットボトルで試飲ができる!

天然水との違いはどうか試してみるのも良いと思います。それからでも遅くはありません!

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓

詳細ページ公式ページ

まとめ

メリット

  • 重たいボトルの交換が必要ない
  • ストックの保管場所が必要ない
  • 在庫管理が必要ない
  • 注文が必要ない
  • 受取の日にち調整が必要ない
  • 飲み放題だからコストを考える必要ない

デメリット

  • 天然水を選べない

ウォーターサーバーと言えば天然水ですね。富士山麓の地下約200メートルにあるとか、北アルプス山岳が広がる、清廉な水資源とか…。天然水にこだわりのある方はボトル式になりますね。

会社、店舗、家庭に!従来のボトル式ウォーターサーバー利用者の方、検討中の方、浄水器利用中の方には、是非おすすめです!

まだまだ天然水!にこだわる方には、お勧めできませんが、「もう、ボトルはいや!面倒!」_______ 目から鱗が…

水道直結型ウォーターサーバー登場でボトルから解放されます!お水はもう買わない!自宅で造るおいしいお水【ウォータースタンド】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

厚生労働省「水道を取り巻く状況」

水道を取り巻く状況

①老朽化の進行
• 高度経済成長期に整備された施設が老朽化。年間2万件を超える漏水・破損事故が発生。
• 耐用年数を超えた水道管路の割合が年々上昇中(H28年度14.8%)。
• すべての管路を更新するには130年以上かかる想定。

②耐震化の遅れ
• 水道管路の耐震適合率は4割に満たず、耐震化が進んでいない(年1%の上昇率)。
• 大規模災害時には断水が長期化するリスク。

③多くの水道事業者が小規模で経営基盤が脆弱
• 水道事業は主に市町村単位で経営されており、多くの事業が小規模で経営基盤が脆弱。
• 小規模な水道事業は職員数も少なく、適切な資産管理や危機管理対応に支障。
• 人口減少社会を迎え、経営状況が悪化する中で、水道サービスを継続できないおそれ。
これらの課題を解決し、将来にわたり、安全な水の安定供給を維持していく
ためには、水道の基盤強化を図ることが必要。

④計画的な更新のための備えが不足
• 約3分の1の水道事業者において、給水原価が供給単価を上回っている(原価割れ)。
• 計画的な更新のために必要な資金を十分確保できていない事業者も多い。

→これらの課題を解決し、将来にわたり、安全な水の安定供給を維持していく
ためには、水道の基盤強化を図ることが必要。

併せて、所在確認の取れない指定給水装置工事事業者の排除、無届工事や不良工事の解消も課題。

出典:厚生労働省 「水道を取り巻く状況」
https://www.mhlw.go.jp/content/000463052.pdf

厚生労働省
法人番号6000012070001
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
電話番号 03-5253-1111(代表)